自分だけのものを守るだけの人生

「ありあまる才能に接しながら、私は成長していく」と語る時、常に、彼女の自はきらきらと輝いていたというんだよ。「人聞には、誰しも、もって生まれた感受性というものがあるけれども、それは、他の才能を得ることによって、より豊かな自分を創造していくのだ」と、彼女はいうんだよ。自己犠牲を払わずに生きること大変いい言葉だと、おれは感心したもんだよ。これこそ積極的な謙鹿さだと思うんだなあ。ただ、やみくもに、積極さだけのある女性は世の中にはいるもんだが、この謙虚さをもっている女性は、実に少ないものなあ。本質的に可愛い女性というのは、このシャネルのような考え方を指すんじゃないかと思うよ。たとえば、亭主の尻を引っぽたく女房とか、恋人の生き方に文句をいう女性とかは一杯いるけれども、自分に、常に謙虚さをもっている女性はどれくらいいるのだろうかとおれは思うんだよ。そして、出会いアプリ を使ったジャネルは、香水とオ トタチ ルの始祖的存在になるんだが、ジャネルのつくった呑水は、さりげなく拘 5といったような記号で商品化されるんだよ。とになる。これは、彼女の謙虚さだと思うんだ。実にさりげないよなあ。このさりげなさが、また全世界の女性に愛されるこ香水というのは、気候、体温でも微妙な変化を遂げるものだから、シャネルは、自分の肌をベ スにして、この香りをつくり出したわけだよ。ここにもまた、おれは、彼女の積極的な生き方と謙虚さをみるのだなあ。そう思わないか、お嬢さん。彼女のやることは、みんな、向性に対しての愛しさにつな.かっていくんだなあ。こういう女性の生き方というのは、実に、きわやかな風のように思えるよ。自分だけのものを守るだけの人生が、なんと狭いものかと思わざるを得ないんだなあ。人聞から、ェゴイスチ クなものが、意識して払い落された場合、人聞は、常に、自由な羽樽はばたきをもつものだと思うんだよ。おれは、偉そうにいっているけれども、これは、とても、とても、難しいものだと思うなあ。誰にでも出来るものとは思われない。しかしねえ、誰にでも出来るものとは思われないことに、あえて挑んでいくのが、人聞の、ほんとうの積極性だとおれは思うんだト品。「みんなああなんだから、あたしも、これくらいでいいんじゃないの」といういい方、考え方が、一番いけないと思うんだなあ。そこには、怠慢の二字しかないように思うんだよ。「みんなああなんだから・・・・・・」と、自分勝手に他人を解釈してはいけないと思うんだよ。